温泉

Hot spring

当館の浴場では、男女共に箱根七湯のうち一つ<強羅温泉>を源泉かけ流しでご用意しております。

多様な泉質の強羅温泉の中でも、当館でお愉しみいただけるナトリウム塩化物泉は、疲労回復や肩こり、神経痛のほかにも婦人病や冷え性、皮フ病などにも効果があり、別名「美人の湯」と呼ばれています。

_MG_4918a.jpg
1638505_s.jpg

about 強羅温泉

強羅温泉は明治27年早雲地獄からの引き湯で開発が始まり、

明治45年以降温泉付別荘分譲が始まり大正8年箱根湯本~強羅間の登山鉄道開通から本格的に始まりました。

一方、強羅における温泉掘削は昭和24年に始めて温泉採取に成功し現在の原泉数は46箇所、泉質は3種類の泉質に分類され、最高温度は95℃をもち高い温泉ほど食塩成分を含んでいます。

 

強羅温泉は大涌谷からの引き湯した乳白色の温泉(酸性-硫酸塩泉)早雲山から引き湯した温泉(単純硫黄泉)を中心に、単純温泉、塩化物泉、炭酸水素塩泉など多種多様の温泉を同一地域内で堪能することの出来る箱根でも有数の温泉場です。

​※箱根強羅観光協会公式サイトより引用

歴史ある温泉にゆっくりと浸かり、心身ともにゆっくりとお寛ぎください。

泉質・効能

種類:強羅温泉 源泉かけ流し

泉質:ナトリウム-塩化物泉

​適応症:切り傷、やけど、慢性皮膚病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺 ほか